消費者金融より低金利で借りれる契約者貸付制度

お金を借りるとき、ほとんどの人は銀行や消費者金融を思い浮かべるのではないでしょうか?

でも、もしあなたが生命保険に加入している場合、その保険を担保にお金を借りることができるんです。
しかもこの方法であれば無審査で融資してもらえます。

これは契約者貸付制度という制度で、現在加入している保険の解約払戻金の一部を借りることが出来るんです。

ただし、どんな保険であっても融資の対象となる訳ではありません。
あくまでも貯蓄性のある保険が対象となるので、掛け捨ての商品は対象外となります。

融資額は保険会社や保険の内容にもよりますが、解約払戻金の70~90%の金額となります。
この方法の一番のメリットは銀行や消費者金融と比べると圧倒的に金利が安いということです。

そして返済期限も保険の契約期間内となっているので、自分の都合で返済が可能というわけです。
もちろん少額であっても金利は発生するので、放っておいたら金利は増えていきます。

融資総額が解約払戻金を上回ってしまった場合は保険そのものが執行してしまうこともあります。
その点だけ忘れないように気を付けておけば、これほど便利な方法はありません。

利用する際は、保険証書、印鑑、身分証明書を用意すれば大丈夫です。 解約払戻金が担保になっているからといって、その間の保証が無くなる訳ではありません。

保険商品としての保証はそのまま続くので、安心して利用することが出来ます。

参考記事:生命保険の契約者貸付とは? 利率・限度額・返済方法